スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気づいたことは、最大の武器になるだろう。 2010年02月18日 校長 トラックバック:0コメント:0

私の尊敬する人がこんな事を言ってた。
「あの時感じた本物から何を繋げられたかなぁ」
ちょっと、書きたい事が出来たのでブレイク。
校長です。

その大好きで尊敬している方の、まぁブログに書いてあったんですけど、
この言葉を見たときに、すごく胸が痛くなった。
パソコン解禁になったのだしコメント書きたかったのに、
いつもなら是が非でも書くのに、何を書いたら分かんなくなった。
私この休校中に色々ありまして。

私の周りの「本物」を色々となくしてしまったんです。

日頃、何かに感動したり、あー好きだなぁと思ったり、こうなりたい!って思う事は多々あって。
その中でも「お、これはいつもの感じと違うぞ。」って感じる事が極稀にある。
貴重なんですな。
それがつまり、ここで言う「本物」なんだけれども、
私はその「本物」と出会った感動すらも時が経つと忘れてしまうようです。

んで、そこから付随してね。
恋愛とか夢なんていうメルヘンで実はシビアなものにおいて、忘れちゃいけないものってあるじゃないですか。
(夢はこの場合、叶えたい目標のほうが良いかもしれんが)
その忘れちゃいけないものっつーんが、
「信じる気持ち」だと最近やっと気づいたんです。遅すぎました。

こうして1番大切にすべきだった「本物」は、消えてしまいました。
いや、「消える」というと自然発生的だな。用は捨てたんですよ。
「忘れる」という事によって。
(フジファブリックや、その尊敬する人に出会った時感じた「本物」は健在ですが^^)

ただね、何にも繋げていないかと言ったらそうでもなくて。

「信じる気持ち」が大切だと、なくなってから気づき、
「信じてもらう気持ち」も大切だと、なくなってから気づきました。
全部全部、最初から大事にしとかなきゃいけなかった事。
これも気づいた。
「消えてしまった本物」がある事に気づいて感じる、
また新たな「本物」がそこには待っていたんですね。



とか言って。
本当は知ってたけど、見てないふりしてただけっす。
私にとってこのことはまさに、パンドラの箱ですからね!←
自分に甘い人間だってことも、もちろん知ってました。



今は、「本物」ってどんなものだったかすら、忘れかけています。
最低です。心底そう思う。
こんな風にしたのは、紛れもなく自分しかいません。
こんな自分からスーパー☆校長 にはなろうとせず ←

ただ「本物」って気持ちを忘れる事のない人間になりたいな、と思いました。

こーれが単純なようで難しいんだ!笑

でも、そろそろ私の中の「本物」さんを起こさないとね。
頑張れ、自分!笑
んで、コメントを書けなかったけれども、私に色々と気づかせてくれた
関川さん(書いちゃたー^^←)に感謝!!!   by校長

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://fbk.blog65.fc2.com/tb.php/593-74f19a4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。