スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まとまらない。若者ですもの。 2007年12月18日 校長 トラックバック:0コメント:0

昨日はとても語ってしまいまして。
校長です。

それでもね、やっぱり良いライブだったとは思うんだけどねー。
実際色んな人が、「良かった」って書いてるし。
なんだけどねー…。
フジファブリックは、第二期に入ろうとしています。

だから変わっていってるのが
「目に見えた」というか「目に見えてしまった」私は、若干焦ってしまったのでしょうか?
散々「好きだ、好きだ!」と言っている割にはね。
フジファブリックの音楽が
身近にあるような錯覚
をしていたのかなーとか、思っちゃう自分がいて。
そう思っちゃったら、なんだか沈みました。

なんだか昨日、今日と暗いな、わたし!!←

今、混乱してるんですよ。
だって…あんなに楽しみにしていたのに、なんだこの感覚?
フジファブリックが悪いって訳じゃ全くないです。

私の「空洞さ」が「目に見えてしまった」。

この表現は、分かり難いですけど。
フジファブリックの最高のライブを純粋に楽しむ事が出来なかった。
この辛さは、なんとも表現しにくいです。
複雑です。

CDJでは、リベンジ出来ると良いなぁ。
ロッキンは凄かった。最高でした。
生の音って最高だな!って初めて知れたから。

…あぁ。
また、こうやって期待度を上げてしまう自分がいます。
だって、期待せざるを得ないですよねぇ…。
今まで出てきた音源は全て「最高」と言い切ることが出来るし、フジファブリックそのものが「最高」ですから、期待出来ない訳がないんですよ。

まぁ、今回は自分の「新フジファブリック」に対しての怯みが浮き彫りになった、とでも言いましょうか。

あと、約1週間。
また、フジファブリック漬けな生活を取り戻していこうかと。
思っている次第であります。   by校長

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://fbk.blog65.fc2.com/tb.php/302-2ea4315b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。